メニュー

歯ぎしり、くいしばりなどのブラキシズムの治療

就寝時や覚醒時を問わずに歯ぎしり、くいしばり、

タッピングなどは起こりえます。

歯や歯周組織、顎関節を守るためには

①咬合調整を施し

②不適合な冠の除去再製

③マウスガードなどのスプリントの作成、装着

 

などを行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME